雨漏りの修理費用が安く済む場合

  • 雨漏りを火災保険で修理できるケースは少なくない

    • 雨漏りは火災保険では修理できないと思い込んではいないでしょうか。



      もちろん屋根の経年劣化が原因であれば補償の対象にはなりませんが、自然災害が原因で屋根が破損して雨漏りが起こっていた場合は補償の対象となります。
      自然災害による屋根の破損はほとんど風災によるものです。
      屋根は風災にさらされやすく、台風はもちろんのこと、春一番や木枯らし、瞬間的な突風による被害も対象になります。

      つまり、台風のよう明らかな風災ではなくても、季節にかかわらず屋根は常にその危険にさらされているということです。気が付かないうちに突風で屋根が破損していることも稀なことではありません。


      もし、屋根がこのような風災によって破損してたことが原因で雨漏りを起こしていたとしたら、火災保険で補償してもらえることになります。ところが、屋根の破損は下から見上げただけではわかりません。登ってみなければわからないために、それが経年劣化によるものなのか風災によるものなのかを住人が判断することは困難です。



      専門業者に依頼してなぜ屋根が破損してしまったのかを調べてもらうことが大切です。



      保険会社は第三者機関である鑑定会社に調査を依頼して、その調査結果を元に保険適用の可否を判断します。
      あらかじめ専門業者が調査して風災の判断をしていれば、認められる可能性も高いでしょう。


      このように、雨漏りであっても火災保険で屋根を修理できるケースは数多くあります。

      雨漏りは保障されないと勝手に判断しないようにしましょう。

top